HOME > 山形 総合的に評価されてるゴルフ場

トータルで評価の高いゴルフ場

山形県のゴルフコースで総合的に良いと感じるゴルフ場は朝日カントリークラブです。美しい山容を誇る鳥海山や出羽三山の主峰、月山を一大パノラマで視界に収められる眺望のいいコース。各ホールはフェアウェイが広くフラットに構成されている。ロングホールはそれぞれ距離がたっぷりあって挑戦意欲がかき立てられる仕上がり。名物ホールはホームホールの18 番。ティグラウンドからやや打ち下ろしていってフェアウェイは右に傾斜している。その先には大きな池が待ち受けているメンタルなホール。グリーンとクラブハウスごしにのぞむ庄内平野の景観は見事としか言いようがありません。

降雪前の完全セルフで、雨・風の中でのプレーでした。風呂・ロッカーは使えませんでしたが、コスト的には満足です。さすがにすいていて、初心者の人ものびのびとやっていました。

前半OUTがハーフベストで怖いくらいに好調だったのですが、後半INにやられました。特に15番ホールは、毎回これでもかというくらい跳ね返されます。またリベンジします。

1ホール毎のプレー順について

@暫定球をプレーする場合ティーインググラウンドでは、相手や同伴競技者が第1ストロークをした後に暫定球をプレーせななりまへんが、ティー以外の場所で暫定球をプレーする場合はすぐに暫定球をプレーせななりまへんA球がウォーターハザードに入った場合原則としてウォーターハザードの中の球の位置によって順番を決定しまんねん。球がケツにウォーターハザードを横切った地点をもとに打順を決定するのではおまへんことに用心してくれへんかの。球がウォーターハザードのどこにあるか分からず、そのために順番が決定でけへん場合はクジによって決めることになるんや。B修理地、障害物からの救済を受ける場合プレーの順番は救済を受ける前の球の位置によって決定されまんねん。

マッチプレーで打順を間違えた場合、相手は罰なしに再プレーをすることを要求できまんねん。再プレーの要求がなければ、打順を間違えてストロークした球で罰なしにプレーを続けることになるんや。例あげたろかたとえばやなあ、プレーヤーAがオナーのホールなのに、Bが先にティーショットした場合、AはBにそのまんまプレーを続けさせることもでせきまんねんし、再プレーを要求することもできまんねん。Bのティーショットが曲がって、ラフに入ったりアウトオブバウンズとなりよったような場合は、そのまんまプレーさせることにしてもよいやし、Bがええショットを打って球がフェアウェイの真ん中にある場合は、再プレーを要求することもできまんねん。ゴチャゴチャゆうとる場合やあれへん要は、Aは状況によって再プレーをさせるかどうかを決めることもできるのや。

Ads by Sitemix